事業内容

インバウンドおよびアウトバウンド対応支援

WEB多言語化対応に

近年、観光市場の変化と共にインバウンド(外国人旅行者)集客が重要視されています。

関西には大阪や京都、神戸をはじめ様々な観光スポットがあり、外国人からのニーズが高い商品やサービスも数多くあります。そのため、多言語対応化したウエブサイト制作、リニューアルをお考えの企業様や店舗様も増えています。こちらでは、海外向けウエブサイト制作の前に、押さえておきたいことをご紹介します。

ネット環境の違い

海外向けの通信販売サイトなどを制作する際、日本と海外ではネット環境が違うことを知っておく必要があります。通信販売サイトを利用するユーザーは操作の快適さを気にするものですが、日本のサーバー上にあるドメインのみの運営では、動作が重くなる可能性があります。
また、中国などサイト検閲が厳しく行われている国もあり、ユーザーに閲覧してもらう対策が国ごとで異なってきます。販路開拓支援のご相談をいただく中で、こうしたことは意外に知られていません。
ユーザー目線に立ったサイト制作をするためには、必要となる知識です。

多言語対応

海外向けウエブサイトを作る際には、多言語対応化も重要です。世界の主要言語には、英語・中国語・スペイン語・アラビア語などがあります。ここでポイントとなるのが、使用される言語が地域ごとで違いがある点です。例えば英語表記だと、イギリス英語とアメリカ英語による表現の違いを考慮する必要があります。また、中国語も中国本土と香港・台湾では、表記の仕方が変わってきます。

言語ごとのローカルな使い分けを検討することが大切です。スムーズな販売経路開拓のためには、日本にあるサイトをただ直訳するだけでなく、ユニコード化しておくなどのサポートが必要になります。

ターゲットとなる国を絞る

ネット環境や言葉の問題の他にも、デザインや高評価を得るコンテンツなど、国ごとの違いを考慮してサイト制作にあたる必要があります。そのためにはまず、自社製品・サービスの販路拡大を図りたい国を絞ることが第1歩です。地道かつ詳細なマーケティングによって、国ごとの傾向を考えた効果的な海外向けウエブサイト制作が可能になります。

現在の観光業界では、日本人口の減少により国内旅行者数も減ってきている現状です。

そのため、これからの日本の観光を支えるインバウンド集客は、飲食店・ホテル・旅館などの様々な企業の重大な課題となっています。国としてもインバウンドの促進活動に積極的に取り組んでおりまして、国土交通省が中心となっている「ビジット・ジャパン・キャンペーン」なども観光客増加を後押ししています。

企業で行えるインバウンド集客の取り組みとして、多言語対応システムの導入や海外の販路拡大に関するセミナーの参加、専門家へコンサルティングを依頼するなどを行ってみてはいかがでしょうか。
また、外国人旅行者とのトラブルを避けるためにも、海外向けウエブサイト制作をする際に事前決済や顧客管理を徹底しておくことも大切です。

半導体装置製造部品、工業用ヒーター、熱電対部品の輸出入及び販売

産業用(工業用)ヒーターの販売

様々な形状の装置の加熱保温ができるジャケットタイプのヒーターや極めて加熱、保温性のよい円筒形ヒーター、クリーンルームでの使用を目的に開発したヒーター、 シート状のヒーターで、任意に形を設計できる製品。ガラス繊維を使用しており、安全性、耐久性にすぐれている。ガラス器具用マントルヒーターなど。

ジャケットヒーター

マントルヒーター製品ラインナップ
  • ジャケットヒーター
  • パイプ用マントルヒーター
  • クリーンマントルヒーター
  • 超高温用マントルヒーター
  • フィッティングクロスヒーター
  • ガラス器具用マントルヒーター
  • セービングマントルヒーター

パイプ用マントルヒーター

リボンヒーター製品ラインナップ
  • リボンヒーター
  • リボンヒーター高温タイプ
  • ロングリボンヒーター
  • コードヒーター
  • クリーンルーム用リボンヒーター
  • スーパーリボンヒーター
  • チューブカバーヒーター